えんちゃん

もっともっと自分に自信をもってほしい

あなたにしかできないことで溢れてる

あなたの色づかいであふれてる

あなたのこだわりで溢れてる

包まれた人たちは幸せでまとわれる

 

君を尊敬すると言った

それは本当の本音

たくさんの人を知っている

君は特別

ドキドキするし心が躍る

君といるとそんな輝きで満ちるんだ

夜桜が一緒に見れることとか

カウンターのおしゃれなバーで飲めるとことか

えんちゃんのことたくさん知れることとか

キレイな君をずっとそばで感じれることが最高にうれしい

このことがどれだけ尊いことか、君を失う前に知っておこうと思う

 

また4月に飲めるんだね。二回も行けるなんて最高にうれしい。幸せすぎて

今日もえんちゃんの

えんちゃんのこといっぱい独り占めした。

朝一時間、髪がおれの手に触れてフワフワしてずっとそのままでいたいからパソコンをずっと設定してた。

いいにおいで充満してる世の中。ほんと幸せなスタート

夜はカワイイえんちゃんのスカートの合間から見える足、見えそうな感じを見ながら最高にうまいたんに舌鼓した。

その後も彼女のこだわりや性格がいっぱい伝わってきて誰よりも彼女のことを知ってる自分が嬉しくて光栄だった。愛してる。

あなたをそのまま受け入れる。独り占めしてる。暖かい時間の流れ、四谷な春のうららかな夜、宴が永遠の続いているよう

 

隣でうっとりしてる君

好きで好きでたまらない

恋ってえんちゃんにするためにある概念だったんだ。好き。好きで心が埋まる夜。